治療の流れ、適応症状|はり・きゅう 月舟庵(げっしゅうあん) - 札幌市白石区・婦人科専門の鍼灸院

はり・きゅう月舟庵

治療の流れ

患者衣

1. 来院後、待合室でお待ちいただきます。院長がまいりましたら、患者様用記入表に必要事項を記入して頂き、症状や日常生活に関する事をいくつか質問させて頂きます。その後、治療室にご案内いたします。

2. 治療室では、患者様には治療用の患者衣に着替えて頂きます。マジックテープやファスナーで治療部位のみが開くようになっており、肌の露出が少なくなっております。下着は付けて良いです。

使用するハリ

3. 次に、ハリと灸を使って治療を行います。ハリは髪の毛ほどの太さで、皮膚に刺しません。皮膚の表面のツボにハリ先を当てるだけなので痛さは感じません。灸は、ほとんどニオイも煙も出ないものを使用しております。

4. 治療が終了しましたら、会計を済ませて頂き、診療券をお渡しして終了です。

適応症

WHO(世界保健機関)が鍼灸療法の有効性を発表した症状

精神性疾患 神経痛、神経麻痺、痙攣、脳卒中後遺症、自律神経失調症、頭痛、めまい、不眠、神経症
運動器系疾患 関節炎、リウマチ、頚肩腕症候群、頸椎捻挫後遺症、五十肩、腱鞘炎、腰痛、外傷(骨折、打撲、捻挫)の後遺症
循環器系疾患 心臓神経症、動脈硬化症、高血圧症、低血圧症、動悸、息切れ
呼吸器系疾患 気管支炎、ぜんそく、風邪、及びこれらの予防
消化器系疾患 胃腸の病気(胃炎・消化不良・胃下垂・胃酸過多・下痢・便秘)、胆嚢炎、肝機能障害、肝炎、胃・十二指腸潰瘍、痔疾
代謝内分泌系疾患 バセドウ病、糖尿病、痛風、脚気、貧血
生殖・泌尿器科系疾患 膀胱炎、尿道炎、性機能障害、尿閉、腎炎、前立腺肥大症、ED(勃起不全)
婦人科系疾患 更年期障害、乳腺炎,おりものの異常、月経痛、月経不順、冷え性、女性ホルモンの変動に伴う不定愁訴、不妊症
耳鼻科系疾患 中耳炎、耳鳴り、難聴、メニエール病、鼻出血、鼻炎、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)、咽頭炎、喉頭炎、扁桃炎
眼科系疾患 眼精疲労、偽近視(仮性近視)、結膜炎、疲れ目、かすみ目、麦粒腫(ものもらい)
小児科系疾患 子供の神経症(不眠、夜泣き、夜驚症、消化不良、偏食、食欲不振)、小児ぜんそく、アレルギー性湿疹、耳下腺炎、夜尿症、虚弱体質の改善

このページの先頭に戻る